カンタータ和装部会とY’s(ワイズ)が競演する2020年のテーマは「KISS ME」。2020年6月6日(土)京都劇場で開催。

Fashion Cantata from KYOTOの開催延期についてのお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大の終息が当面見通せない中、4月8日政府より緊急事態宣言が発令されました。6月6日(土)京都劇場において開催を予定しておりました「Fashion Cantata from KYOTO」におきましても、有観客での開催はもとより、無観客での開催においても出演者や関係スタッフ等の感染リスクを排除できないことから、非常に残念なお知らせではございますが、来年へ延期とさせていただきます。

  • 今回ご応募いただいた内容は一旦無効となり、次回改めてお申込みいただく必要があります。
  • 本イベントの延期に伴い、「京都駅ビルFashion Cantata Week」の開催は中止となります。

なお、来年開催への期待を込めまして、6月6日よりYouTubeによる「Fashion Cantata from KYOTO特別映像配信(シリーズ版)」を開始いたします。配信スケジュールは以下の通りです。

配信開始日
(予定)
配信タイトル
(予定)
第1話 6月6日 キモノを着てオウチで過ごそう!
第2話 8月6日 ポップに着こなす!
第3話 10月6日 キモノヘアメイク!
第4話 12月6日 カワイイ帯留め特集!
第5話 2021年2月6日 「Kiss Me」のミドコロ!

ショーについて

[Kiss me:キス ミー]

「大和撫子」。古き良き時代から日本女性の清楚な美しさをたたえ続けてきた言葉です。
今日、その美徳を礎に、様々な価値観を積極的に取り込みながら自ら未来を切り拓き、ポジティブに美しく輝く女性が街に溢れています。
28回目を迎えるファッションカンタータは「Kiss Me」をテーマに、和装作家の「きもの」と洋装ブランド「Y’s」の共演により、今を生きる女性が美しく羽ばたく瞬間を切り取り、幸福感溢れときめく演出によって、女性たちを応援していきます。

今年の観覧応募受付は終了しました。

キャスト/スタッフ

出展作品

洋装

Y’s(ワイズ)

男性の服を女性が着るというコンセプトのもと、1972年に日本を代表するデザイナー山本耀司が最初に生み出したブランド「ワイズ」。
マニッシュであり上質な洋服を、時代に流されることのない独立した価値観を持つ女性たちへ提案しています。

和装:カンタータ和装部会

西田裕子和染紅型

1973年、二代目栗山吉三郎の次女として京都に生まれる。1999年栗山工房にて型染めの修行を始める。2014年2017年ファッションカンタータにて作品を発表。第48回日本伝統工芸展近畿展入選。和染紅型を継承し独自の世界を志し研鑽中。

藤井裕也絞り工芸

現代を代表する絞り染色作家藤井浩の長男として職住一体の染色工場に育ち幼少期より創作の感性を培う。1997年染めの道へ入り、数種類の絞り技法と素描きやぼかし染めを融合させた独自作風を展開する。
古典芸能にも造詣が深く幅広い創作活動に取り組み和の魅力を伝えるべく活動。着物プロジェクトではザンビア共和国のKIMONOを担当。染色工房アトリエ・フジコウ代表。

津室伸吾蝋纈染(ろうけつぞめ)

1978年、京都に生まれる。染色工房「室工房」主宰。着物ブランド「室華風」チーフデザイナー。
洗練されたデザインと、ろうけつ染めを中心に幅広い技法を駆使した作品は様々なショーやステージでも人気を集める。2013年よりTOKYO KIMONO COLLECTIONにて毎年作品発表を続けている。

丹後織物工業組合

2020年、創業300年を迎えた「丹後ちりめん」。
糸を「撚る」、それを巧みに「織る」。伝統の技法を護りつつ、モノづくりの進化を続ける丹後産地の職人たちが、次なる100年に向けて「男のきもの」を披露します。

出演者・演出など

ゆきぽよ(木村有希/きむらゆき)[ゲストモデル]

1996年10月23日生まれ。2012年に雑誌「egg」 の読者モデルとしてデビュー。動画配信Vine にて6000万回という驚異の再生回数を記録し、カリスマ動画クイーンとして人気を集める。2019年ブレイクランキング第5位を記録。
モデル・タレント・アーティストとマルチな活動で大活躍中!

トラウデン直美[ゲストモデル]

1999年4月21日生まれ。京都府出身。慶應義塾大学法学部在学中のCanCam専属モデル。 雑誌やファッションショーに出演する一方で、NHK「祝賀御列の儀」ではコメントカの高さが評価されコメンテーターとしても活躍の場を広げている。

御秒奈々[モデル]

島根県出身。大阪大学工学部卒業。
モデル・タレントとして関西を中心に活動し、現在は2児の母として情報番組などのリポーターとしても出演。
これまでにJR西日本「山陰魅力発信特使」や山陰いいもの探検隊として出身地のPRにも尽力している。

Hanah Spring (ハナ・スプリング)[ゲストアーティスト]

グラミー受賞アーティストErykah Baduの来日公演オープニングアクト、2008年インディーズアルバム"soulflower"2009年メジャーデビュー。 MISIA、birdのコーラスを務める。2014年iTunes/ Bill board JAPANジャズアルバム1位、2018年Sportify R&Bチャート上位を獲得。

沖野修也Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet [音楽]

選曲家、作曲家、執筆家、ラジオDJ。Kyoto Jazz MassiveやKyoto Jazz Sextetの活動の傍ら、音楽で空間の価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、様々な空間の音楽プロデュースも手掛けている。

石橋義正[演出]

京都市出身。映像作家、演出家。マネキンドラマ「オー! マイキー」や劇映画「ミロクローゼ」の製作・脚本・監督。江村耕市らと共にテート・モダンやニューヨークMoMA等でも作品を発表し、近年では伝統芸能とテクノロジーを融合した舞台など、多彩な創作活動を行っている。

資生堂ビューティークリエイションセンター[ヘアメイク]

プロのヘアメイクアップアーティストが約40名在籍し、宣伝広告、NY、パリ、東京のファッションショーに参加するなど、最先端のトレンド情報をグローバルに発信。ファッションカンタータには2010年より鎌田由美子を総合チーフに、継続して参加している。
HP:https://hma.shiseido.com/jp/新しいウィンドウで開きます

主催など

主催 ファッションカンタータ開催委員会、京都商工会議所
共催 京都府、京都市
後援 近畿経済産業局
協力 文化庁 地域文化創生本部
企画制作 株式会社JR 西日本コミュニケーションズ
制作協力 株式会社毎日放送
ヘアメイク協力
提供 JR西日本、京都駅ビルグループ(ジェイアール京都伊勢丹、ホテルグランヴィア京都、京都駅ビル専門店街ザ・キューブ、京都駅前地下街ポルタ、京都駅ビル開発)

ファッションカンタータ開催委員会について

同委員会は、京都を代表する伝統文化である服飾文化産業の振興を目的に、平成4年1月に設立しました。

構成団体:京都商工会議所、(公財)京都和装産業振興財団、京都織物卸商業組合、西陣織工業組合、丹後織物工業組合、京友禅協同組合連合会、西陣織物産地問屋協同組合、京染卸商業組合、京都染呉服振興会、ファッション京都推進協議会、京都プリント振興協会、和装学院振興協議会、(一社)NDK日本デザイン文化協会京都(順不同)

アクセス

会場までの経路マップ

京都駅ビル内、 京都駅中央改札口からすぐ

その他

京都駅ビルFashion Cantata Week

京都駅ビル2階 インフォメーション前 2020年5月30日(土) ~6月30日(火)

JR京都駅西口改札前 西口広場 2020年5月30日(土) ~6月26日(金)

(予定)

  • 展示入替の為、ご覧いただけない場合もございます。
昨年の実際にショーで使われた衣装の展示と和装振興を目的とした展示している写真